ページの先頭です
メニューの終端です。

平成25年度 佐倉市教育懇話会

[2017年10月1日]

ID:7089

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成25年度 佐倉市教育懇話会を開催しました

 佐倉市教育委員会では、11月16日を教育の日と定め、この日を中心としてさまざまな教育に関する行事を開催しています。これからの佐倉の教育を市民の皆さんとともに考え、ともに進めていくため、皆さんとの意見交換などを通して、今後の教育施策の参考にさせていただきたいと考えています。 
 今年度は(1)和田小学校及び(2)上志津中学校の教育ミニ集会と併せて開催いたしました

日時・場所・参加者数

(1)平成25年11月2日(土)午後2時30分から4時20分

  和田小学校体育館 【参加者数 60名】

(2)平成25年11月16日(土)午後2時45分から4時15分

  上志津中学校体育館・柔剣道場 【参加者数 50名】

内容

(1)テーマ「3つの力(学校・家庭・地域)で育てる和田っ子」

~学校、家庭、地域の教育力を生かした連携のあり方~

 和田小学校での保護者を中心とした児童登下校の見守り活動を開催背景の土台とし、

 危機管理アドバイザーによる講演を中心に実施いたしました。

(2)テーマ「地域、家庭、学校の連携をとおしての育成を図る」

 上志津中学校での地域住民、諸団体及び学区小学校との連携を開催背景の土台とし、

 学校説明及びグループに分かれての意見交換を中心に実施いたしました。

11月2日(土)和田小学校での内容
  主な内容
 講演

 演題「学校・家庭・地域連携による子どもたちの安心・安全」

  講師 国崎信江(危機管理教育研究所代表)

 話合い・意見等〇和田小通学路の危険箇所で、下校時、保護者同行中も怖い思いをした。

〇歩道整備が必要との認識のもと、用地買収や速度制限もお願いしたい。

〇各団体(学校・地域住民・区長協議会など)が一体となって、要望を出していくことが重要。

〇用地については、地権者の理解・協力が必要。歩道は管理も大切で、花植え・草取りを地域で行っている。

〇対策として、長期的には用地買収・歩道整備、中期的には速度制限、短期的には反射板・看板・人形設置、緊急的には笛の携帯がある。(講師)

 ☆閉会直後、保護者と教育委員・教育委員会職員とで、危険個所を現場確認。

11月16日(土)上志津中学校での内容
 主な内容 

 話合い・意見等

◆グループに分かれての意見交換

〇地域・学校・保護者が互いに知り合うため、現在実施している「キャンプ」「ごみゼロ運動」「御輿集会」など、機会を増やしていくと良い。

〇連携の中に入ってこられない保護者も多いと思うので、今後は、保護者も多く入ってもらえるようなチャンスを増やし、連携・協力を図りたい。

〇上志津中学校は地域との結びつきが強く、地域で学校を良くしようという機運が昔からある。

〇夏祭り、御輿集会など、中学生の参加も多く、地域の活性化に結びついている。学校から地域に子どもたちが出ていき、顔を覚え、地域で挨拶ができる生徒も増えていく。保護者の理解も必要。

〇中志津地区は自治会活動がモデルとなるほど活発なので、より多くの世代に認知・参加してもらうことを期待したい。

※この他にも、様々なご意見をいただきました。今後の佐倉市の教育施策の参考にさせていただきます。

教員懇話会開催

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市教育委員会 教育総務課
電話: 企画財務班 043-484-6183 ファクス: 043-486-2501
E-mail: kyoikusomu@city.sakura.lg.jp

平成25年度 佐倉市教育懇話会への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.