ページの先頭です
メニューの終端です。

千葉県よろず支援拠点が佐倉市にやってきます!

[2017年4月20日]

ID:13852

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

千葉県よろず支援拠点が佐倉市にやってきます!

千葉県よろず支援拠点とは?

 国(経済産業省、中小企業庁)が、各都道府県に1か所ずつ開設した公的な経営支援機関です。

 千葉県では、公益財団法人千葉県産業振興センター内に設置されています。専門性の高いスタッフが、中小企業・小規模事業者の皆さまの相談に応じています。

サテライト相談所のご案内

 佐倉市では、千葉県よろず支援拠点のサテライト相談所を下記の日程で開設しています。(要申込み・無料)

 ここでは、佐倉市内の経営者や創業者(創業予定者)の皆さまの経営全般に係る相談に対応しています。

サテライト相談所のご案内
開催日時会場申し込み先
毎月第2水曜日
午前10時から午後4時まで
偶数月:志津コミュニティセンター
  (佐倉市井野794番地1)
奇数月:ミレニアムセンター佐倉
  (佐倉市宮前3丁目4番地1)
佐倉市役所 産業振興課
・電話 043-484-6145
・ファクス 043-484-5061

担当者のご紹介

飯田 順 氏(中小企業診断士、千葉県よろず支援拠点サブコーディネーター)

一般的な相談では「言って終わり」「聞いて終わり」になってしまい、具体的な成果に至らないことがあります。佐倉市サテライト相談では、お話を伺うだけでなく、必要に応じて経営者、創業者の皆さまとともに考え、ともに行動し、具体的な成果を目指します。経営の革新・改善に本気の皆さまのお越しをお待ちしています。

支援事例

飯島・東洋株式会社
代表取締役 飯島 裕康 様
佐倉第三工業団地にて、モーターの主要部品を製造

〔飯島さまの声〕

 当社は、各種モータや発電機内のコア部品製作を通じて「省エネルギー社会や地域社会に貢献している企業」です。 当社で生産するコア部品は、かつては家電製品が主体でしたが、現在では日本のものづくりを代表する自動車・鉄道・産業用ロボットや工作機械・発電プラントなど、様々な分野で人々の生活を支える必需品になっています。

 近年当社では、生産の高効率化を目的とした新生産方式の基礎実験を続けてきました。この基礎実験に目途が立ち、今後の本格的な新生産方式の導入と設備投資に向け、経済産業省・中小企業庁が実施する「ものづくり補助金」へのチャレンジを決めました。

 チャレンジにあたっては、佐倉市サテライト相談を通じ、千葉県よろず支援拠点コーディネーターのアドバイスを頂きながら、不慣れな事業計画の作成に取り組みました。その結果、なんとか採択にこぎつけ、補助金を活用することができました。

 その後、千葉県の経営支援策の一環である「経営革新計画」の作成に取り組み、自社の現状や課題、課題解決策の抽出や今後の事業展開について、幅広いアドバイスをいただきました。おかげ様で「ものづくり補助金」の採択に続き、「経営革新計画」の県の承認も受けることが出来ました。

 事業計画や申請書類を何度も書き直すことで、当社を取り巻く経営状況や新たな取り組みの方向性が明らかとなるなど、大きな成果に繋がっています。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[産業振興部]産業振興課

電話: 043-484-6145

ファックス: 043-484-5061

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


千葉県よろず支援拠点が佐倉市にやってきます!への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.