ページの先頭です
メニューの終端です。

地域包括ケアシステムの構築に向けて

[2017年11月22日]

ID:15469

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域包括ケアシステムとは

 地域包括ケアシステムとは、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援が一体的に提供される地域での体制のことです。この地域包括ケアシステムは、全国一律の詳細な制度設計がなされたものではなく、医療、介護、予防、住まい、生活支援の5つの取組が、包括的かつ継続的に切れ目なく提供される体制について、理想的な概念を示したものです。                   

 市では、まず、地域包括ケアシステムを構成する5つの取組を個々に充実したものにするために所要の体制整備を進めます。

 

佐倉市地域包括ケアシステム講演会を開催しました!

 地域包括ケアシステム構築に向け、高齢社会における「地域づくり」について、佐倉市にお住いの方やお勤めの方と一緒に考える機会として講演会を開催いたしました。

開催会場・日時

 1.会場 : 志津コミュニティセンター 大ホール(佐倉市井野794番地1)

   日時 : 平成29年11月20日(月) 午前10時00分から午前11時30分

 2.会場 : 佐倉市立中央公民館 大ホール(佐倉市鏑木町198番地3)

   日時 : 平成29年11月20日(月) 午後2時00分から午後3時30分

プログラム(午前・午後との共通)

  1. 開 会

  2. 講 演 

        演題 『地域の支えあい活動を広げるために』

            ~みんなで創る新しい支え合い・助け合い社会~

        講師  公益財団法人 さわやか福祉財団 戦略アドバイザー・認定社会福祉士 土屋 幸己 氏

  3.佐倉市の取り組みについて

      ~地域包括ケアシステム~  佐倉市福祉部高齢者福祉

  4.閉 会

講師紹介

  公益財団法人 さわやか福祉財団

  戦略アドバイザー・認定社会福祉士 土屋 幸己 氏

≪プロフィール≫

・知的障害児施設、特別養護老人ホーム、知的障害者通所授産施設、知的障害者更正施設、療育事業コーディネーターなどを歴任。

・2006(平成18)年4月から富士宮市地域包括支援センター長として現場の最前線で活躍。

・2015年(平成27)年10月から現職に就任。

・厚生労働省や日本社会福祉士会等の委員を多数歴任。

講演会の様子

多くの皆様にご参加いただきました。

講演会の資料

(1) 講演 『地域の支え合い活動を広げるために』

(2) 佐倉市の取り組みについて~地域包括ケアシステム~

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所 [福祉部] 高齢者福祉課 
電話: 043-484-6343 ファクス: 043-486-2503

地域包括ケアシステムの構築に向けてへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.