ページの先頭です
メニューの終端です。

下水道使用料の改定について

[2017年2月1日]

ID:16005

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

下水道使用料を平成29年7月1日より改定します。

 下水道事業は、人口減少に伴う収入の減少や下水道施設の老朽化・耐震化対策といった様々な経営課題をかかえています。
 このたび下水道事業に係わる経営の健全化を図るとともに、持続可能な下水道事業を構築するため、下水道使用料を33.1%改定させていただきます。
 使用者の皆様には、ご負担をおかけしますが、なにとぞ、ご理解をお願いします。

 なお、今回は水道料金の値上げはありません。

※1 改定については、平成29年2月15日発行の上下水道部の広報「佐倉市の上下水道」でもお知らせしています。
※2 本改定は、平成28年11月佐倉市議会定例会において「佐倉市下水道条例の一部を改正する条例」の可決を受け実施されるものです。

 

具体的な改定内容は

(1)改定に当たっては、一般世帯の小口使用者から事業所などの大口使用者まで公平な改正となるよう、全ての単価を一律的に引き上げます。

【下水道使用料表】   (1か月当たり:消費税抜き)

区  分

汚 水 量

現行使用料

改 定 案

増 加 額

基本使用料

       ~  10㎥ 

840円

1,118円        

278円 

超過使用料

1㎥につき

11㎥  ~  20㎥

85円

113円

28円

21㎥  ~   30㎥

105円

139円

34円

31㎥  ~   50㎥

135円

179円

44円

51㎥  ~ 100㎥

160円  

212円

52円

101㎥ ~ 500㎥

175円

232円

57円

    501㎥ ~

185円

246円

61円

※1 計算式の変更はありません。
※2 基本使用料は水を流さなくてもかかる料金です。
※3 ご使用期間が7月1日をまたぐ場合には、新旧使用料の日割り計算を適用します。日割り計算の例は一番下に掲載しています。

(2)平成29年7月1日から33.1%引き上げます。現行使用料からの増加額(2か月当たりの税込額)は、標準的な2人世帯の使用(40㎥)で1,205円、標準的な4人世帯の使用(60㎥)で1,940円の値上げとなります。

【新旧比較表】   (2か月当たり:消費税8%込み)

汚 水 量

現行使用料

改 定 案

増 加 額

20㎥

1,814円

2,414円

600円

40㎥

3,650円

4,855円

1,205円

60㎥

5,918円

7,858円

1,940円

80㎥

8,834円

11,724円

2,890円

100㎥

11,750円

15,590円

3,840円

200㎥

29,030円

38,486円

9,456円

1,000㎥

180,230円

238,934円

58,704円

 ※1 お客様へのご請求に合わせ、2か月分の汚水量による金額を表示しています。
 
※2 上下水道をご使用の方は、実際にお支払いいただく際に水道料金が合算されます。

経営改善に向けた取り組み

 佐倉市の下水道事業は、持続可能な下水道事業を構築するため、平成26年度から公営企業会計に移行しました。
 これは、県内では3番目の公営企業会計への以降であり、全国でも20%しか公営企業会計へ移行していないという点では、先進的な取り組みであると考えています。
 また、水道部と下水道課の組織統合により人員削減に努め、汚水適正処理構想を見直し、整備区域を縮小することにより拡張整備費用について削減を図っています。

※1 佐倉市汚水適正処理構想の見直しについては、こちらをご覧ください。

改定の主な理由

1.下水道施設の老朽化と耐震化

 市の下水道事業は、昭和42年の供用開始以来、約50年が経過しています。
 下水道管の耐用年数は50年とされており、今後は、施設の更新需要が確実に増加するとともに、地震災害等に備えた耐震化も進めていく必要があります。
 これらの対策としては、平成31年度までに約36億円、平成42年度までに約134億円の費用を想定していますが、現在の下水道使用料水準では、この費用が捻出できない状況です。

年度末現預金残高の推移

【表】年度末現預金残高の推移(現行使用料を維持した場合)(単位:億円 △:マイナス額)

老朽化した汚水管の破損による道路陥没事故

【画像】老朽化した汚水管の破損による道路陥没事故(平成16年・市内)

老朽化した汚水管の破損による陥没事故

【画像】老朽化した汚水管の破損による陥没事故(H27・市内)

2.人口と水需要の減少

 佐倉市の人口は、減少傾向が続き、それによって下水道使用料も減少傾向が続くものと推測されます。
 当市では、人口維持に努める各種施策に取り組んでいますが、より厳しい状況を想定すれば、人口減少による事業経営への影響は必至の状態です。

【表】将来推計人口の推移

3.厳しい財政事情

 下水道事業の財政は、平成28年度予算から当年度純利益が赤字に転じ、現行下水道使用料を維持した場合、以降は赤字が続くことが見込まれています。

下水道使用料と純利益の推移

【表】下水道使用料と純利益の推移(現行使用料を維持した場合)

 また、平成27年度決算では、当年度純利益は黒字ではありましたが、売値となる使用料単価が108.56円、原価となる処理原価が133.97円であり、原価が売値を上回る、いわゆる、逆ザヤ状態となっています。

改定までの経緯について

平成27年6月~平成28年2月

 「佐倉市上下水道ビジョンの策定及び料金等の在り方に関する懇話会」にて検討
  ・上下水道の課題や将来予測、それらに基づく料金の在り方について、具体的なデータにより検討
  ・補助金がつくか否かなどの条件から5つの改定率パターンについて検討

平成28年2月22日

 「佐倉市における水道料金・下水道使用料の在り方に関する提言」
  ・水道料金は据え置き
  ・下水道使用料は早急な経営改善が必要であり、33.4%の改定やむなし

  (平成27年度決算数値などから、最終的に33.1%の改定を市の基本方針としました。)

 「佐倉市上下水道ビジョンの策定及び料金等の在り方に関する懇話会」について、詳しくはこちらをご覧ください。

 この懇話会とは別に当市監査委員からは、平成26年度佐倉市公営企業会計決算審査において、「適正な受益者負担の在り方を早急に進め、負担の先送りのないよう万全を期すべき」との指摘も受けていました。

平成28年7月9日、18日

 下水道使用料改定にかかわる市民説明会開催

 市民説明会について詳しくはこちらをご覧ください。

平成28年10月9日、15日

 地区懇談会において下水道使用料改定について説明(3地区)

平成28年11月7日~13日

 佐倉市広報番組「チャンネルさくら」で「佐倉市の下水道から次の世代のために」を放送

 こちらから動画がご覧になれます。

平成28年12月19日

 平成28年11月佐倉市議会定例議会において「佐倉市下水道条例の一部を改正する条例」を可決

ご使用期間が7月1日をまたぐ場合の日割り計算例について

 ご使用期間が7月1日をまたぐ場合、6月30日までの分は旧料金、7月1日以降の分は新料金で使用日数に応じて日割り計算します。

 日割り計算の例
 
 前回検針日が平成29年5月10日、今回検針日が平成29年7月10日で、使用水量が40m3の場合

日割り計算例

【図】日割り計算例

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[上下水道部]上下水道部

電話: 043-485-1191

ファクス: 043-485-1194

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


下水道使用料の改定についてへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.